寒さに負けず公園の生物は元気です!!


 園内も寒くなってまいりました。12月15日には霜が降り、白いベールに覆われました。
しかし湿生植物園ではスイセンは群れをなして咲き、シロヨメナが健在です。
カルガモも園内の池で毎日20-30羽元気に泳いでいます。「飛ぶ宝石」と言われるカワセミも飛来しています。
見晴らし台西側の中央スロープ沿いにある生垣には、ナギイカダが一見葉のように見える仮葉枝に可愛い花を咲かせました(上記の写真です)。園路沿いにはツワブキの黄色い花も楽しめ、マユミ、ムラサキシキブ、カラスウリの実も鮮やかです。駐車場のロウバイ、コブシの花芽も大きく膨らんできています。
寒い冬を元気に生きている公園の生物のパワーを吸収してにお出かけください。

花だより | 更新日:2013.12.22

ヒガンバナが見頃です

今日は秋分の日、お彼岸の中日です。
秋のお彼岸の頃に咲くことから名前をつけられたヒガンバナが見頃を迎えています。

地方によっていろいろな呼び方があって、500以上も別名があるそうです。
曼珠沙華(マンジュシャゲ、マンジュシャカ)はおなじみと思いますが、
花の形から、天蓋花(てんがいばな)、狐の松明(きつねのたいまつ)、狐の簪(きつねのかんざし)、
花が咲き終わった後で葉が伸びることから、ハミズハナミズ(葉見ず花見ず)などなど。
死人花、幽霊花・・・なんていう不気味な名前も多いようです。

田んぼの畔や土手のような日当たりの良いところに群生していることが多いようですが、
当公園では、樹林地の林床に群落があります。
木漏れ日の中で幽玄に咲くヒガンバナ、ぜひご覧ください。





お知らせ | 更新日:2013.09.23

目に鮮やかなハンゲショウ!!



湿生植物園のシラカシ観察路の入口に白と緑のコントラストが鮮やかなハンゲショウが目を楽しませてくれてます。
葉の半分が白く化粧しており、カタシログサとも呼ばれています。これだけまとまって鑑賞できる場所は貴重と言えるでしょう。他にもヤブカンゾウ、オオバギボウシ等も見ごろになってきました。

お知らせ | 更新日:2013.07.03

梅雨を彩るアジサイが見ごろとなりました!!



今年はアジサイハバチの食害もなく園内各所に見事に咲き始めました。
土壌のPH(酸性度)により花の色は変化するといわれ、各場所で微妙に花の色が変化しています。
日本原種のガクアジサイはじめセイヨウアジサイ、ヤマアジサイもみることができます。
また湿生植物園ではノハナショウブ、ハナショウブもしだいに花数を増やしてきました。
ご来園、お待ちしています。

お知らせ | 更新日:2013.06.09

白いウワミズザクラが公園を引き立てています!!



ソメイヨシノ、オオシマザクラの花は終わりましたが、白いブラシ状の花を持つウワミズザクラが古代芝生広場の入り口で今まさに盛りです。
この他、出会いの広場・ケヤキ広場ではシラユキゲシ、ニリンソウ、ハナニラ等、ユリ園ではイカリソウ、キバナカタクリ、キバナホウチャクソウ、ハナイカダ等、湿生植物園ではシラネアオイ、ヤマブキソウ、オドリコソウ、ニリンソウ、エンコウソウ、ミツガシワ、ウリカワ等が春の季節を盛り立てています。
また、4号池ではアズマヒキガエルのおたまじゃくしが真っ黒に群れています。

お知らせ | 更新日:2013.04.15

公園自慢の景観! シダレザクラが咲き初めました!!


 満開時にはこのような見事な景観を見せてくれます。今2-3分咲きでこれから10日以上は楽しめるでしょう。周辺にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、コブシ、キブシ、ユキヤナギ等が彩りを添えてくれてます。足元にはホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ムラサキケマン、セントウソウそれにイチリンソウ、ニリンソウ、カタクリ等々がにっこりと顔を出してます。さらに木々の枝から新葉が萌え出し、今まさに春本番です。ご来園をお待ちしております。

お知らせ | 更新日:2013.03.25

青空にコブシ、ハクモクレンが輝いています!!



気温の上昇に伴ってコブシとハクモクレンがほぼ同時に咲きはじめました。青空を背景にみごとなコントラストです。まさに春が来たことを実感します。ヒヨドリの動きも活発です。同じ白い花で区別が困難ですが、一度ご来園していただき識別してください。ちなみにコブシの花言葉は友情・歓迎です。

お知らせ | 更新日:2013.03.16

春を告げるサンシュユが咲き初めました!!

南口からすぐの築山付近でサンシュユ(別名ハルコガネイバナ)が咲きはじめました。
小川をまたいで太い枝が先日の雪により倒れかかってきましたが、しっかり
した支えに保護され、多くの黄金の花を咲かせています。
秋にはアキサンゴといわれる真っ赤な実を付け、これまた素晴らしい景観となります。
この実はヤマグミとも言われ、生薬で強精剤、止血等に効果があるとのことです。
すぐ隣の紅梅も見ごろです。
コブシ、ヒュウガミズキ、トサミズキ等の芽も大きく膨らんできました。
春の息吹を体感しませんか。
どうぞ公園にお出かけください。

お知らせ | 更新日:2013.02.27

フクジュソウ、スイセンが見頃です!!サンシュユもほころびはじめました!!

1号池を過ぎて湿生植物園の入り口の水田の土手には今スイセンが盛りです。
すぐ上の4号池にはカルガモ、時にはカワウが姿を現しています。池の北側には
まだロウバイが満開で良い香りを放っており、そのすぐ足元にフクジュソウが黄
金色の花を三々五々と咲かせてきました。また築山のサンシュユは1月の積雪で枝が傷み、
心配していましたが黄色い花を咲かせ初めています。さらに園内の木々も芽を大きく膨らませてきました。

春を探しに公園にお出かけください。

お知らせ | 更新日:2013.02.17

ロウバイが咲き初めました!(年末年始のご案内)



駐車場のロウバイが咲き初めました。春に向かって最初に咲くのがこの花です。蝋細工のような黄色い花びらで、良い香りがします。湿生植物園のロウバイもかなり蕾がふくらんできています。園内の花はこのほかサザンカ、ツワブキ、ヤツデ等ですが、ワスレナグサもまだ霜の中、頑張って花をつけています。またカラスウリ、ナンテン、マンリョウ、ヤブコウジ、マユミ、ツルウメモドキは赤い実をつけ、初冬の寒空に和みを与えてくれています。(S)

年末年始(12/29~1/3)は、パークセンターはお休みさせていただきますが、公園内はご利用いただけます。また、駐車場も通常通り8:30~19:00にご利用いただけますので、初詣にお出かけの際にはぜひ当公園にもお立ち寄りください。(N)

お知らせ | 更新日:2012.12.28
ページの先頭へ戻る