カルガモ日記

5月20日に誕生したカルガモのヒナ。元気に育っています。
先日の早朝には公園の駐車場にまで出張してきましたが、今日は1日に田植えをしたばかりの田んぼを自由に泳ぎ回っていました。
そのかわいらしさから、今や公園の新しいアイドルになっていますが、
だいぶ大きくなってきたので、このまま無事に育ってくれるといいですね。
また何かありましたらお知らせします。(K)



お知らせ | 更新日:2013.06.05

東高根森林塾が開講してます!!



 塾は「やりがい・防災に備えて」をテーマに、地域の方の交流の場づくりを目指しています。
4月28日(日)、5月12日(日)と2回実施し、各30名程の方に参加していただきました。
いずれも昔あそびの一環で、折り紙(防災グッズのコップ・お皿・エコバッグおよび飛行機・紙鉄砲等)を学習しました。
講師はボランティアのスマイリングパートナーさんおよびご近所の10才の折り紙に精通した子供さんです。
次回は6月9日(日)10ー11時まで南口のパークセンターで無料で実施いたします。
どなたでも参加できます。ご来場をお待ちしています。

公園からのお知らせ | 更新日:2013.06.03

カルガモの親子誕生

5月20日 静かに小雨降る朝、2号池にカルガモの親子が姿を現しました。
公園でカルガモの雛がかえったのは、記録によると2004年以来のこと。まさにニュースです。
雛は全部で7匹。親のお尻を追いかけるように、ヒョコヒョコと水面を泳いでいます。
おそらく昨日の日曜日は来園者が多かったので、今日の静かな朝に初登場となったようです。
この愛くるしい親子の姿はほっと心を和ませてくれます。

つい餌をあげたくなってしまうかもしれませんが、人間が与える餌には自然の餌が備えている栄養素が欠けており、野鳥が不健康な状態になることがあるそうです。
カルガモの子が自分の力で餌を探し、飛び立てるようになるまでのおよそ2ヶ月間。くれぐれも池岸に入ったり、餌を与えたりしないで、そっと静かにその成長を見守ってあげて下さい。

これからも人と自然が調和していける公園であればと思っています。

お知らせ | 更新日:2013.05.21

防災・生きがいのために、公園を交流の場にしませんか!!



県立東高根森林公園は災害時の広域避難場所に指定されています。
公園の周辺地域には一人住まいの方あるいは新しく引越して来られたた方も多く居住されているようですが、災害が起こって避難したときに、お互いに見知った顔が多いほど不安感も和らぐのではないかと思います。
そこで東高根森林公園では、普段から互いに交流できる場所づくりとして、世代を超えて教え合い、学び合う「東高根森林塾」を企画いたしました。

実施内容は昔遊び(折り紙、あやとり、こま回しなど)、音楽(合唱、楽器演奏など)、手芸(刺繍、クラフトなど)、古代学習、自然体験などを考えています。参加自由です。

また、得意とすることを指導して下さる方、歓迎いたします。みんなで「東高根森林塾」を育てていただきたいと思っております。

当面の要領は次に示すとおりです。是非お越しください。
[実施日]   4月28日(日) 折り紙
       5月12日(日) 折り紙・あやとり等
       6月 9日(日) こま回し等
[実施時間]  午前10時~11時ごろ
[集合場所]  パークセンター
[対象者]   どなたでも

お知らせ | 更新日:2013.04.26

こいのぼりがおよいでます

パークセンター横の駐車場にこいのぼりをあげました。
小さな小さなこいのぼりたちですが、青空のもと4月の春風に乗って、元気いっぱいにおよいでいます。
5月のゴールデンウィーク明けまでお楽しみください。(K)

お知らせ | 更新日:2013.04.17

来園者作品展示コーナーを設けました!



 パークセンター内に来園者の方が園内で撮影された写真・絵画等を披露するコーナーを設けました。皆さんに参考になるものであれば歓迎いたします。現在は宮前区誕生30周年記念のフォトコンテストに入賞されました作品を展示しております。園内の水田における田植えおよび脱穀の写真です。

パークセンター内の受付に申し出てください。なお人物が写っている場合は、その方の了解が必要ですのでご留意ください。

このコーナーを活用して、皆様の交流ができればと考えております。

お知らせ | 更新日:2013.03.26

皆さんのご支援で野鳥図鑑が出来上がりました!!好評発売中!!

この季節の県立東高根森林公園はバードウォッチングに訪れるお客様でにぎわっています。
特に北口のヤドリギの実をついばむヒレンジャクの優雅な姿が人気のようです。

さて、このたび県立東高根森林公園では、来園の野鳥愛好の方の絶大なる協力を得て、A-5版32Pの野鳥図鑑を作成しました。野鳥の生態写真を含み106枚の鮮明な写真を掲載しております。野鳥の基礎も応用も学習できるよう、コラム等の記事も充実しております。また公園内および近くの平瀬川の野鳥も入れており、神奈川県内での野鳥観察に充分役に立つものと思っております。
1冊300円で当初販売分200部に限りひのきの芳香袋を差し上げます。お孫さん、小中学校の子供さんのために買っていかれる方も多いです。ぜひお買い求めください!


  ※図鑑に掲載した写真は、ご協力いただいた方々のご好意によるものです。
  無断使用、転載はご遠慮ください。

お知らせ | 更新日:2013.02.10

門松を作りました。

園内の竹林では、この時期間伐のため多くの竹が伐採されます。
そこで、「せっかくたくさん竹があるんだから、公園の門松を作ってみよう」ということになり、試しに作ってみました。
材料 
竹―1.5㍍前後の青竹6本。青くて真っ直ぐな竹を揃えるのが大変。高さを揃えて節のところで斜めにカットしてみました。まるで笑っているように見えますよね。笑福 笑福。
松―公園には松がありませんので、お隣の緑ヶ丘霊園からいただいてきました。
コモ―バケツにワラを編み込んだコモを巻きつけます。
ワラ縄―コモを上3段、下7段のワラ縄で結んで完成。
事前に材料さえそろえておけば、製作時間は約2時間で
何とか形になりました。

これで公園も新しい年が迎えられます。
皆様方もどうぞ良いお年をお迎え下さい。(K2)

お知らせ | 更新日:2012.12.28

クリスマスリースできました。

森林公園としては、初めての試みとなったクリスマスリース作り。
天然素材を100%活用することをコンセプトとして、オリジナルなリース作りに挑戦。
園内でとれたフジとクズのツルをベースに、これも園内にあるヒイラギや隣の緑ヶ丘霊園からいただいてきた松ぼっくりを飾り付けてのリース作り。
同じ材料を使いながらも参加者の方それぞれの個性あふれたリースが完成したようです。25日まで各家の玄関先を賑わしてくれることでしょう。
今回のリース作り、材料を人数分揃えるのはさすがに大変でしたが、皆さん大変楽しんでいただけたようなので、まずは◎。「来年もぜひ」というご要望をたくさんいただき、また来シーズンもがんばって松ぼっくり集めに駆け巡ります。(K2)

お知らせ | 更新日:2012.12.16
ページの先頭へ戻る