県立 東高根森林公園

施設のご案内

古代芝生広場 東高根遺跡 花木広場 ケヤキ広場 自然観察広場 湿生植物園 古代植物園 ユリ園 シラカシ林 クヌギ パークセンター

古代芝生広場

溝の口の街道筋を人々が行き交うはるか以前から、この地には人が住み着いていました。森林公園の頂上には「古代芝生広場」と呼ばれる一角があり、子供たちの走り回るその地下に弥生時代から古墳時代の遺跡が眠っています。

東高根遺跡

古代芝生広場には弥生時代後期(3世紀頃)から古墳時代後期(6世紀頃)にかけて営まれた集落が埋蔵されています。この遺跡は昭和40年代の住宅地の開発によって発見されました。その後の調査では約60軒の竪穴住居跡が確認され、広場全域では約100~150軒の竪穴住居跡があると推定されています。神奈川県はこの貴重な遺跡とその周囲に広がるシラカシ林を保護するために、昭和46年12月、東高根遺跡を神奈川県指定史跡に、東高根のシラカシ林を県指定天然記念物に指定しました。

花木広場

沢沿いの道を進んでいくと広くなった所があります。花木の植え込みの先へと進んでいくと石段があり、その上には東屋が、更にその上に藤棚のある見晴台があります。

ケヤキ広場

春になると清流沿いに梅やサンシュユの木が花開き、一面紅白と黄に染まり、来園者の目を楽しませてくれます。

自然観察広場

木道を少し進んでいくと、樹林に囲まれた広場があります。テーブルやベンチもあり、ひと休みするのにいい所です。

湿生植物園

湿田の上に伸びる木製デッキは格好の散歩道になっており、そこでは湿生植物(ツリフネソウ、ミゾソバ、コガマ、オモダカ等)が観賞できます。木道を歩いて行くと小さな田んぼに出あいます。また、春の訪れと共にレンゲやナズナの咲く湿田の脇を流れる小川で 泳ぐ魚も見られます。湿生植物園は、弥生時代の水田跡と自然水を利用した湿田で、7000m²に稲作田ゾーン、湿生花園ゾーン、湿生樹林ゾーン、湿生野草ゾーン、梅林ソーンの5つに区分しています。

湿生野草ゾーン

このゾーンは、湿地や水辺を好む草花が四季折々に多く見られるゾーンです。湿地花園ゾーンと比べると花が小さかったり、目だたない花をつけるものが多いのですが、よく見るとエンコウソウ・キツリフネ・ツリフネソウなどが変わった形や色をした葉や花をつけています。

湿生樹林ゾーン

このゾーンは、水辺を好むハンノキ・コブシ・ミズキなどの林です。そして、これら木々の下にも水湿地を好むチダケサシ・キツネノカミソリ・オドリコソウ・ヒトリシズカ・フタリシズカなどの多くの野草が早春から見ることができます。

湿生花園ゾーン

このゾーンは、私たちがよく知っているハナショウブ・アヤメなど美しい花の咲く植物がたくさん集められています。その他にはコバギボウシ・オモダカ・サワギキョウなどが見られます。これらの植物にはそれぞれ適する水深・水質・水温があります。そこでせきなどを使って色々な環境を作っています。

稲作田ゾーン

このゾーンは弥生時代(今から約2千年前)、上の台地(現在の古代芝生広場付近)に住んでいた人々が、シラカシなどの木で作った農耕具を使って、この谷戸で稲を作っていたと思われます。ここでは5月頃に田植えが行われ、10月頃には頭を垂れた黄金色の稲を刈取ります。毎年11月23日に行われる収穫感謝祭では、収穫したもち米でついた餅がふるまわれます。

古代植物園

縄文時代から平安時代の衣・食・住にかかわってきた主な植物84種が見られます。この古代植物園は食料・衣料・染料・建物・薬・木製品・親しまれた植物の7つの部門に分類して、それぞれに代表的植物を植栽してあります。日本文化と植物のかかわりあいについてご覧ください。

ユリ園

夏になると多品種のユリは勿論の事、様々な野草(タチツボスミレ、アズマイチゲ、ニリンソウ他)が見られますので一度探索してみてはいかがでしょうか 。

シラカシ林

シラカシ林に囲まれた高台は、県指定史跡「東高根遺跡」であり、弥生時代後期から古墳時代後期にかけての集落跡がねむっています。古代人はこの高台に住み、周囲のシラカシで農機具を作って耕作していたようです。しかし、関東地方の台地や丘陵を広く覆っていたシラカシ林が、近年の開発などで姿を消しつつあります。しかし、この公園には自然林に近い形で奇跡的に残されています。樹齢 150年から 200年になるものもあり、県指定天然記念物になっています。

クヌギ・コナラ林

クヌギやコナラが主体の雑木林には、年間約50種類もの野鳥が集まり、高木層、低木層、草木層・・・とさまざまな植物を見ることが出来ます。

パークセンター

公園利用者へのサービス提供や情報を発信する拠点として、また、環境教育や交流の拠点となります。ぜひ、気軽にお立ち寄りください。

ページの先頭へ戻る