「近代化遺産」ツアー報告

【横須賀エコツアー概要】

平成25年7月20日(土)午前10時から12時
参加人数 16名
エコツアーガイド フィールドレンジャー 2名(安田直彦、安田昭)
見どころ 日本初の洋式灯台である観音埼灯台を見学
明治初期に日本で最初に造られた洋式砲台跡等を見学
コース ビジターセンター前~展望園地~第一砲台跡~観音崎灯台~
~観音崎園地~第二駐車場~三軒家砲台跡~横須賀美術館

http://yokosuka-ecotour.jp/kannonzaki/2013/06/000073.html

【ツアーの実施状況】

【当日のお天気良好】
観音崎バス停で「エコツアー ご案内」
の札を持ってバスから降りてくる参加者をビジターセンターまでご案内。
開始10分前には応募者全員が集まってくれました。
公園の概要その他注意事項を説明し、先ずは展望園地からご案内。


【展望園地】
 今から109年前の日露戦争時に活躍した28サンチ榴弾砲の実物大模型が置かれています。




展望園地の28サンチ榴弾砲
(実物大模型)

【第一砲台跡】

日本初の洋式砲台の仕組みを説明。
レンガ積みの違いには参加の皆さんが不思議がっていました。


【灯  台】

見学希望者には灯台の上まで昇ってもらい、第4砲台を遠くに見て、
5月にニュージーランドの軍艦と礼砲の交換をしたときの模様を説明しました。


灯台を下りて観音崎と観音埼の違いを説明しました



海岸園地までのんびり下りながら道々見どころをご案内。
観音崎の地名の由来となった観音寺跡の大イチョウを見ながら、また山へ。




【観音寺跡の大イチョウ】

【三軒家砲台跡】


伝声部と即用弾室


伝声管部分(拡大)

特別に普段は施錠してある砲側庫に入り、アーチ構造の内部を見学しました。


(注:この写真のみツアー当日のものではありません)

【砲側庫 】


予定通り12時に美術館の裏手に出て、解散しました。
おおむね好評だったと思います。


【参加者アンケートでのご意見】

・砲台の説明は良く理解できた。
・安全面に気を配ってくれて良かった。
   (注:階段等段差のある個所では大声で「段差がありまーす」と注意)
・近くに住んでおり公園内はよく散策しているが、普段見過ごしていた標識、野草に
 ついても丁寧に説明してくれ、新しい発見があった。質問にも良く答えてくれた。
今後のウオーキングが楽しみ。
・コースについて夏場は適当と思う。スタート地点に戻った方がいい。
   (車で来園した人か。今後の参考とします。)
・要望としてはなかなか機会がないが「海から見た観音崎とシップウオッチング」という企画は如何でしょう。(良い提案と思います。安田昭記)


横須賀エコツアーのサイトは下記URA をごらんください
http://yokosuka-ecotour.jp/ecotour.html

横須賀エコツアー報告 | 更新日:2013.09.18
ページの先頭へ戻る