カンザクラ

南門の滝の広場周辺のカンザクラが開花しています。

カンザクラ


早咲きで知られる河津桜よりも開花は早く、『さくら名所100選の地』として親しまれている
三ツ池公園では春の桜のなかで一番早く開花します。
花径15mm~25mmくらいの一重の花で、枝先からたくさん花柄が出て、その先に1個づつ
淡い紅色の花をつけます。

お知らせ | 更新日:2019.01.29

梅が咲き始めました。

まだまだ寒いこの頃ですが、春の足音は着実に聴こえて参りました。
花の広場の早咲きの白梅もちらほらと、花を咲かせ始めました。





12日から『謎解きスタンプラリー』が始まって、三ツ池公園でも参加されるお客様が増えました。
先日とうとう四つの公園の謎を解いて、見事制覇された方がいらっしゃいました!

お知らせ | 更新日:2019.01.26

お正月飾りを作りました。

12月23日(日曜日)、パークセンターにてお正月飾り作りを行いました。 
親子連れの方々にも、たくさんご参加いただき、楽しいイベントになりました。

正月飾り制作中  正月飾り制作中アップ

紅白の水引を、おめでたい7重に重ねたり、「難を転じて福と成す」という意味の南天の実を飾り付けたりと、自然の植物
を使ったオリジナルのお正月飾りは、個性あふれるものとなりました。

正月飾り出来上がり1  正月飾り出来上がり2


お知らせ | 更新日:2018.12.24

もちつき

12月16日(日曜日)に毎年恒例となりました餅つきを開催しました。
今年一番の冷え込みの中、大勢の方々に参加して頂き,とてもおいしいおもちが出来上がりました。


重い杵を一生懸命に持ち上げていますね。何をからめて食べようかな? ボランティアの方々も大変お疲れ様でした。 

お知らせ | 更新日:2018.12.17

紅葉

気がつくともう12月。
園内の紅葉も深まりました。
正門の少女像と紅葉

イチョウの葉はずいぶん落ちてしまいましたが、その上をサクサク音を立て歩くと
ふかふかとして気持ちいいです。

上の池の大砂場の前の紅葉
上の池の紅葉


モミジの色合いが美しいのですが、曇空が残念です。
中の池の紅葉

モミジ

あずまやから花の広場へ向かう坂道は、見慣れた公園の景色ですがコントラストにハッと
させられました。
あずまやから花の広場への坂道

花の広場のオオモミジです。
花の広場のオオモミジ

お知らせ | 更新日:2018.12.03

紅葉観察会

初冬の11月25日(日曜日)見頃になってきた紅葉の観察会が行われました。
森林インストラクターの久野正樹氏を講師に紅葉のしくみについての説明を受け、
園内を歩きながら樹木や木の実、植物の冬支度の様子などについての話を聞きました。
色鮮やかに葉の色が変わっていく様子は、とても素敵ですね。
イロハモミジ、オオモミジ、ハゼノキ、ハウチワカエデ、トウカエデ等々観察しました。
      

お知らせ | 更新日:2018.11.26

クリスマスリース作りを行いました

11月23日(金曜日)、毎年恒例のクリスマスリース作りを開催しました。
たくさんの親子連れの方にご参加いただきました。


クリスマスリース作り作業 クリスマスリース作り作業2

公園の材料を使って思い思いの飾り付けを楽しんでいました。
金色と銀色のまつぼっくりやどんぐり、真っ赤なリボンなどで、華やかなリースが完成しました。

リース完成品 リース完成品2

クリスマスの準備が少し進んだようです!

お知らせ | 更新日:2018.11.25

親子の三ツ池観察隊ダンゴムシのひみつ

11月18日の親子の三ツ池観察隊は『特製迷路で学ぶダンゴムシのひみつ!』でした。
講師の西海先生から説明を受け、いざダンゴムシ採集に!

親子の三ツ池観察隊講座写真 ダンゴムシ採集の写真

捕獲してダンゴムシを使って先生特製の迷路で「ひみつ」を探っていきます。
ダンゴムシは、交替性転向反応という習性があります。
右に曲がった後には左、左に曲がった後ならば右に曲がるというように、曲がる向きを入れ替えてジグザグに進む習性のことだそうです。
この日も参加した親子のみなさんが興味深く観察していました。

ダンゴムシ迷路の写真 ダンゴムシの行動の説明

お知らせ | 更新日:2018.11.20

コスモス摘み取り体験

11月17日に花の広場で、コスモスの摘み取り体験を開催いたしました。ゆらゆらと秋風に揺れて可憐な姿を楽しませてくれていたコスモスの摘み取りを、たくさんの方々にお楽しみいただきました。



ご参加いただきありがとうございました。

お知らせ | 更新日:2018.11.19

縄文ワークショップ

11月4日(日曜日)、4回目を迎えたワークショップでは最後の土器焼成を行いました。
5月の粘土づくりからはじまり、土器が焼き上がるのを楽しみにされていたことと思います。

  

焼きあがった作品がこちらです。

お知らせ | 更新日:2018.11.09
ページの先頭へ戻る