桜開花情報(4/17 鬱金、関山ほか)

鬱金(ウコン)が見事です!
花が淡黄緑色で花弁数が15~20枚程度の大輪の八重咲きです。
dayori_170417-1-jpg
市原虎の尾(イチハラトラノオ)
京都市左京区の市原にあった桜で、開花すると枝全体が虎の尾の様に見えることから命名されたそうです。
八重咲きで白色。
dayori_170417-5-jpg

朱雀(スザク)
古くから京都の朱雀に植えられていた桜で、花は大輪、半八重咲きで淡紫紅色の優しい花です。
dayori_170417-6-jpg

手弱女(タオヤメ)
花は淡紅色の八重咲で、外側の花弁の先端や外面は色が濃くなります。
dayori_170417-4-jpg

松月(ショウゲツ)
大輪の花を咲かせ、花はある程度の集まりをつくり下に向かって垂れて咲いています。
花びらは薄い紅色で花の端が赤く中心は白っぽい色になります。
dayori_170417-3-jpg

関山(カンザン)
花は濃紅色で美しく、茶色味のある若葉が同時に開きます。
花は塩漬けにして、桜湯の原料とされます。
dayori_170417-2-jpg

お知らせ | 更新日:2017.04.17
ページの先頭へ戻る