8月1日 「はじめての草笛教室」を開催しました。

草笛は、身近にある自然の素材を使ったものです。
講師の先生より、素材となります葉の選び方、葉の持ち方、唇の形、息の出し方などについて
お話を聴き、その説明にしたがって練習を進めました。
今回は、ジシバリ、フジ(新芽)、ヒサカキなどの葉を用いて音を出す練習を行ないました。
最後に、教室に参加された方全員が草笛を吹けるつもりで、「ふるさと」などを吹きました。
「最初は、柔らかい葉のを用いた練習の方が音を出しやすい」、「毎日吹くことが上達の近道」
などの話がありました。
また、「ハゼノキ、ウルシなどは、触れると「かぶれる」ので、使用しないよう指導もありました。

参加された方の声に「自然素材を用いた遊び」を学びたかった。人に聴かせるようになりたい。
などがありました。

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.08.03

8月4日「だれかさんのにがおえプレゼント」を開催しました

「にがおえプレゼント」の作業準備にかかり始めた直後より、金沢区よりご来園
のご家族さまがお待ちになりました。その後もご希望者が良いタイミングで来ら
れましたので、長時間待たずににがおえを描くことができました。



だれかさんは、にがおえに幸も描き込んでいるのでしょうか?
描きあがりました絵を手にされた皆さま方の反応は大満足のごようすでした。
皆さまより頂戴しましたお言葉「ありがとう」に公園も幸せを感じています。

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.08.04

2013年 夏 グリーンカーテン

グリーンカーテン
当園のアサガオは、グングンとツルを伸ばし花も咲いております。
しかしながら、カーテンには、まだほど遠い感じです。
それと、公園で保護したカブト虫です。
写真と水彩画のコラボをご覧ください。



水彩画で描いて頂くとこんなに優しくなりました。
カーソルを合わせてクリックしてください。
アサガオのグリーンカーテン blog_20130806-1 
アサガオの花 blog_20130806-2  
保護したカブト虫の水彩画 blog_20130806-3

公園からのお知らせ | 更新日:2013.08.07

8月8日「草笛で曲を吹こう」を開催しました

自然の素材を使った草笛。今回は、ジシバリ、カラスビシャク、ネズミモチ(新芽)、ヒサカキなどの葉を用いて草笛で曲
を吹く練習をしました。



「草笛で会話をしてみよう」というユニークな試みで、2人ずつに分かれて草笛で何と言っているか聞き取り合いました。
その後、一人ずつ自分の好きな曲を草笛で披露しました。
最後に参加全員で「若者たち」「ふるさと」「牧場の朝」「われは海の子」を歌って、曲を草笛で吹きました。
 

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.08.10

8月11日「自然観察会」を開催しました

本日のテーマは、「真夏の森の生き物たち」です。
初夏のころ、卵からかえった昆虫や地中から這い出してきた仲間たちも、自分たちの
種の保存の為に、真夏を一生懸命に生きようとしています。
「NPO法人四季の森里山研究会」のメンバーがご案内する自然観察会。 猛暑日にも
かかわらず、大勢の方が観察会に参加してくれました。

観察会資料  blog_20130811-1 (提供:NPO法人四季の森里山研究会)


開催したイベントの報告 | 更新日:2013.08.11

公園で鳴いているセミたち

当園に生息しているセミたちを紹介します。(成虫の写真はほとんどありません)

ミンミンゼミ:鳴き声は「ミーンミンミンミンミー」夜明けから夕方まで鳴き続けます。
アブラゼミ:鳴き声は「ジー」昼くらいから夕方まで鳴き続けます。
クマゼミ:鳴き声は「シャアシャア」夜明けから昼くらいまで鳴き続けます。
     公園では数少ないセミです。
ツクツクボウシ:鳴き声は「ツクツクボウシ」夜明けから夕方まで鳴き続けます。
ニイニイゼミ:鳴き声は「チー」夜明けから昼過ぎまで鳴き続けます。
ヒグラシ:鳴き声は「カナカナ」夜明けと夕方に鳴きます。

      ≪羽化したばかりのセミです≫          ≪擬態で樹木と一体化しています≫


セミのオスとメスの違いpdfでごらんいただけます
blog_20130811-セミオスとメスの違い

セミの抜け殻pdfでごらんいただけます
blog_20130811-セミの抜け殻 

公園の生き物情報 | 更新日:2013.08.11

園内で珍しい昆虫を見かけました。



生体を目の当たりにする機会が滅多にないタマムシです。
観察後は自然に放しました。

*****タマムシ*****
7月~8月(出現時期は四季の森公園を基準としたものです)
体長40mm
エノキ、ケヤキ、カエデなどの高いこずえ・貯木場
光輝く緑色の地に金紫色の帯の美しさで古来より玉虫の厨子のように装飾に使われてきました。
光の当たる角度によって色彩が変化するので玉虫色という、どのようにも受けとれるたとえに使われています。
(当ホームページ「生きものごよみ」甲虫、タマムシより引用)

四季の森公園では、生物多様性保全の観点で動植物の保護育成に努めております。
つきましては、動植物を園内より持ち出さない、持ち込まない。
皆さまのご協力をお願いします。

公園の生き物情報 | 更新日:2013.08.15

8月18日 園内一斉清掃を実施しました

朝9時、園内の外気温は30度を超え、真夏日となりました。
お盆休みの日曜日、ご多忙の最中にもかかわらず大勢の皆さまにお集りい頂き
園内一斉清掃を行いました。公園愛護会のメンバー、一般ボランティアの皆さま、
ありがとうございました。

今回の活動のようすをご覧頂けます。
blog_20130818-1





開催したイベントの報告 | 更新日:2013.08.26

8月18日「自然を訪ねて」を開催しました

全国森林インストラクター神奈川会のメンバーが、ご案内役を務める観察会、「自然を訪ねて」を開催しました。
今回のテーマは、「昆虫たちの暮らしぶり」、園路を歩き、セミ、チョウ、トンボ、バッタ、クモ等を観察しその生態
について解説をしていただきました。
園内での昆虫採取は禁止とさせていただいておりますが、リリ-スを条件に捕獲し、参加されたお子さま達に
身近に昆虫を観察していただきました。 
熱中症対策といたしまして、野外での観察を1時間とし、会議室で1時間あまり解説をしていただきました。

これらのようすは、pdfでご覧いただけます。
blog_20130818-2

次回は9月15日(日)13:00-15:00 「シダの魅力」に迫ります。

                                                                                         

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.08.26

「だれかさん」の絵画を展示しています

8月19日より8月31日までの日程で、「にがおえ」描きでお馴染みの「だれかさん」が描きました
水彩画展をビジターセンター(北口)にて開催しております。

当園でのスケッチをもとに描かれた9点の作品を展示しております。
ご来園の際は、ビジターセンターへお立ち寄り頂きまして「だれかさん」の作品をご覧ください。






公園からのお知らせ | 更新日:2013.08.26
ページの先頭へ戻る