県立 四季の森公園

指定管理者

公園を管理・運営している指定管理者についてご案内しています。

指定管理者

指定管理者制度とは、平成15年6月の地方自治法の改正により創設された制度です。従来、県の「公の施設」の管理は、県が直接行うほかは、県の出資法人や公共的団体のみが行うことができました。しかし、この制度の創設により、民間事業者などの団体でも公の施設の管理を行うことができるようになりました。この制度は、公の施設の管理について、民間事業者などが有するノウハウを活用し、住民サービスの向上と経費の削減を図ることを目的としています。神奈川県では、平成18年4月から、指定管理者制度を導入することとなりました。

県立都市公園の指定管理者制度導入について

年度事業計画書及び実績報告書について

平成22年度事業
H22事業計画書のダウンロード:PDF
H22実績報告書のダウンロード:PDF
平成23年度事業
H23事業計画書のダウンロード:PDF
H23実績報告書のダウンロード:PDF
平成24年度事業
H24事業計画書のダウンロード:PDF
H24実績報告書のダウンロード:PDF
平成25年度事業
H25事業計画書のダウンロード:PDF
H25実績報告書のダウンロード:PDF
平成26年度事業
H26事業計画書のダウンロード:PDF
H26実績報告書のダウンロード:PDF
平成27年度事業
H27事業計画書のダウンロード:PDF
H27実績報告書のダウンロード:PDF
平成28年度事業
H28事業計画書のダウンロード:PDF
H28実績報告書のダウンロード:PDF

四季の森公園の指定管理者

名称 四季の森公園パートナーズ
グループ 横浜緑地株式会社(代表企業)
〒235-0033 神奈川県横浜市磯子区杉田4-5-10
電話 045-771-2242
ホームページ:http://www.yokohamaryokuchi.co.jp/
株式会社泰山園(構成員)
株式会社泰山園(構成員)
〒241-0001 神奈川県横浜市旭区上白根町1257-16
電話 045-951-2574
ホームページ:http://www.taisanen.co.jp/
指定管理期間 平成27年4月1日から平成32年3月31日(5年間)

指定管理者「四季の森公園パートナーズ」の活動について

地域貢献への取り組み

地域貢献として「スマイリング」プロジェクトにより、地域に根ざした様々な活動を積極的に行なっています。

環境への取り組み

管理作業

園内で農薬は使用いたしません。管理作業(剪定、伐木、稲作や清掃)で発生した物を用いて、腐葉土づくり、木材チップづくりをし、花壇の肥料や園路の舗装に使用しています。他に工作教室、草木染め教室にも活用し、総合リサイクルで自然環境に負荷を与えない管理を行っています。

緑のカーテン実施

アサガオ、ヘチマ、ゴーヤなどツル植物で作る、自然のカーテンです。夏の暑い日に、葉の間を天然のエアコンのように涼しい風がすり抜けます。また、省エネ効果もあり、CO2排出量の削減にもつながります。

エコキャップ運動の推進

エコキャップ運動とは、ペットボトルのキャップを集めてリサイクルすることで、CO2排出量の削減と、世界の子どもたちにワクチンを届ける運動です。四季の森公園のビジターセンター内に、分別用の回収箱を用意してあります。
詳細はこちら(REライフスタイルのホームページへ)

ISO 14001の認証取得

当公園の指定管理者代表企業の横浜緑地株式会社は、ISO14001の認証を2013年1月1日に取得いたしました。
今後、当公園において環境マネジメントシステムを活用し、環境負荷の低減、削減、緩和に努めてまいります。

■ISO 14001規格とは
ISO 14001(JIS Q 14001)は、企業が法律等の規制要求事項及び著しい環境側面についての情報を考慮しながら、独自に環境方針、環境目的を策定し、実施することができるようにするための環境マネジメントシステムに関する要求事項を規定しています。
ISO 14001規格は、企業など事業者が自主的に環境保全を計る際に有効なマネジメントシステムとして活用されており、国内企業においても環境マネジメントシステムの導入の機運が高まってきています。

ページの先頭へ戻る