2019年2月13日の植物・生き物情報です。

春が来た?、セツブンソウが咲きました。フクジュソウ、アセビ、フキノトウ、ツクシ、マンサク、ヒメウズ、ツバキ、スイセン、ウグイスカグラなど、ロウバイは盛りを過ぎました。

セツブンソウ(キンポウゲ科)

アセビ(ツツジ科)

コゲラ(キツツキ科)

2019年2月13日撮影

お知らせ | 更新日:2019.02.13

ヤマアカガエルの卵

今年もヤマアカガエルが産卵しました。

成長の過程が楽しみです♪♪♪

2019年2月6日撮影

公園北口に展示しています。
ぜひ見に来てください。

公園の生き物情報 | 更新日:2019.02.06

2019年1月29日の植物・生き物情報です。

寒さの中にも春がそこまで来ています。
フキノトウ、ツクシ、マンサク、ヒメウズなどが少し、冬の花ツバキ、スイセン、ウグイスカズラ、ロウバイは盛りを過ぎました。

ヒメウズ(キンポウゲ科)

マンサク(マンサク科)

シロハラ♂(ヒタキ科)

2019年1月29日撮影

お知らせ | 更新日:2019.01.29

2018年9月24日の植物・生き物情報です。

ヒガンバナが満開です。水辺ではツリフネソウやタデ科の植物が目立ち始めました。
【開花中の植物】シュロソウ、ガンクビソウ、フジカンゾウ、ユウガギク、ノダケ、キツリフネ、ツリフネソウ、マルバフジバカマ、ヤブタバコ、コヤブタバコ、キツネノマゴ、センニンソウ、ヤマホトトギス、オトコエシ、コセンダングサ、アメリカセンダングサ、ヒガンバナ、ゲンノショウコ、シラヤマギク、イヌコウジュ、クズなど。


ヒガンバナ(ヒガンバナ科)

ゲンノショウコ(フウロソウ科)

ニラの花にツマグロヒョウモン(メス)
(ヒガンバナ科、タテハチョウ科)


2018年9月24日撮影

お知らせ | 更新日:2018.09.24

2018年7月14日の植物・生き物情報です。

ヤマユリの開花は終盤に入っています。
【開花中の植物】ヤマユリ、アキノタムラソウ、ヘメロカリス、ヤブカンゾウ、オオガハス、イヌゴマ、ヒヨドリバナ、フジカンゾウ、ユウガギク、トキリマメ、ノササゲ、オオバギボウシ、ウマノスズクサ、ツルニガクサ、ノダケ、カノツメソウ、ミズタマソウ、キツリフネ、ジュズダマ、ガマ、オニスゲ、アキカラマツ、タマアジサイ、ヘクソカズラ、ミツバなど。

オオガハス(ハス科)
s-%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%ac%e3%83%8f%e3%82%b9
ジュズダマ(イネ科)
s-%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%ba%e3%83%80%e3%83%9e
アカボシゴマダラ(タテハチョウ科)要注意外来生物
s-%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%82%b7%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a9
2018年7月14日撮影

お知らせ | 更新日:2018.07.14

2018年6月17日の植物・生き物情報です。

ハナショウブが終盤、ヌスビトハギがもう咲き始めました。今年は花の順序が乱れています。

【開花中の植物】ナツツバキ、ネムノキ、ハナショウブ、タチアオイ、コウホネ、オカトラノオ、ホタルブクロ、ヘメロカリス、ビヨウヤナギ、アメリカノウゼンカヅラ、イヌゴマ、ヒヨドリバナ、オカトラノオ、アフリカハマユウ、ヌスビトハギ、コバノカモルヅル、アジサイなど。

コバノカモメヅル(キョウチクトウ科)
s-%e3%82%b3%e3%82%ab%e3%83%a2%e3%83%a1%e3%83%85%e3%83%ab
オタフクアジサイ(アジサイ科)
s-%e3%82%aa%e3%82%bf%e3%83%95%e3%82%af%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%b5%e3%82%a4
ラミ-カミキリ(カミキリムシ科)
s-%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%a0%e3%82%b7%e3%81%a8%e3%83%a9%e3%83%9f%ef%bc%8d%e3%82%ab%e3%83%9f%e3%82%ad%e3%83%aa
2018年6月17日撮影

お知らせ | 更新日:2018.06.17

ホタルの発生状況

ゲンジボタルは、5月28日の時点で約60頭前後発生しております。


ホタル観賞の皆さまへのお願いです。

ホタルは成虫になると一週間ほどの短い命の間、餌もとらずに懸命に生殖活動を行います。
ホタルの発光はその大切なオスとメスの出会いの手段であり、光の攪乱はホタルの生息を危機に陥れる行為です。
ホタル発生場所では、フラッシュ撮影、懐中電灯やデジタルカメラ、スマートフォンなど光を発するもののご使用はご遠慮ください。また、虫網を持っての観賞や三脚を立てての撮影はおやめください。

皆さまに気持ち良く観賞を楽しんでいただくためのお願いです。

ホタル観賞の時間帯は公園駐車場をご利用いただけませんので、ご注意下さい。
 

ご不明な点がございましたら公園管理事務所までお問い合わせください。


≪お問い合わせ≫
県立四季の森公園
指定管理者 四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail info-shikinomori@kanagawaparks.com

お知らせ | 更新日:2018.05.29

ホタルの発生状況

今年もホタルの季節がやってまいりました。

ゲンジボタルは、5月24日の時点で約21頭発生しております。


ホタル観賞の皆さまへのお願いです。

ホタルは成虫になると一週間ほどの短い命の間、餌もとらずに懸命に生殖活動を行います。
ホタルの発光はその大切なオスとメスの出会いの手段であり、光の攪乱はホタルの生息を危機に陥れる行為です。
ホタル発生場所では、フラッシュ撮影、懐中電灯やデジタルカメラ、スマートフォンなど光を発するもののご使用はご遠慮ください。また、虫網を持っての観賞や三脚を立てての撮影はおやめください。

皆さまに気持ち良く観賞を楽しんでいただくためのお願いです。

ホタル観賞の時間帯は公園駐車場をご利用いただけませんので、ご注意下さい。
 

ご不明な点がございましたら公園管理事務所までお問い合わせください。


≪お問い合わせ≫
県立四季の森公園
指定管理者 四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail info-shikinomori@kanagawaparks.com

お知らせ | 更新日:2018.05.25

2018年5月12日の植物・生き物情報です。

意外と花の少ない季節、ヤマボウシ、エゴノキ、ウツギなど白い花が目につきます。
【開花中の植物】 
ヤマボウシ、エゴノキ、ガマズミ、ナルコユリ、ウツギ、ノアザミ、キショウブ、コウホネ、ヤマハタザオ、アカバナユウゲショウなど

ヤマボウシ(ミズキ科)
s-%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%9c%e3%82%a6%e3%82%b7
エゴノキ(エゴノキ科)
s-%e3%82%a8%e3%82%b4%e3%83%8e%e3%82%ad
ヤマサナエ(サナエトンボ科)
s-%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%b5%e3%83%8a%e3%82%a8 2018年5月11日撮影


≪お問い合せ≫
県立四季の森公園
指定管理者:四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail:info-shikinomori@kanagawaparks.com

お知らせ | 更新日:2018.05.12

2018年4月18日の植物情報です。

今年は堰を切ったように次々と花が咲きだしています。
【開花中の植物】 
キンラン、ギンラン、クマガイソウ、エビネ、ニワトコ、ニリンソウ、アマドコロ、ホウチャクソウ、ワニグチソウ、チゴユリ、ツボスミレ、ショカッサイ、ウラシマソウ、マムシグサ、ツルニチニチソウ、キランソウ、ツクバキンモンソウ、カキドオシ、ホタルカズラ

キンラン(ラン科)
s-%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%b3
ギンラン(ラン科)
s-%e3%82%ae%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%83%b3
ホタルカズラ(ムラサキ科)
s-%e3%83%9b%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%ab%e3%82%ba%e3%83%a9
2018年4月17日撮影

お知らせ | 更新日:2018.04.18
ページの先頭へ戻る