『第3回四季守マスター塾』を開催しました。

里山アカデミー「四季守マスタ-塾」2018年度の第3回目を開催しました。受講生同士の解説、質疑応答を行いました。細部の写真を掲示するなど、対面での学習はとても意味のあるものとなりました。また、現在ボランティァガイドを実際に行っている受講生が、お客様の要望希望をどのように把握し対応するかについて経験を語っていただきました。

2018年7月22日実施


≪お問い合せ≫
県立四季の森公園
指定管理者 四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail info-shikinomori@kanagawaparks.com

開催したイベントの報告 | 更新日:2018.07.24

2018年7月24日の植物情報です。

キツネノカミソリが開花しました。ヤマユリ、ヤブカンゾウの花は僅かになりました。

【開花中の植物】ヤマユリ、アキノタムラソウ、ヤブカンゾウ、ヒヨドリバナ、フジカンゾウ、ユウガギク、トキリマメ、ノササゲ、オオバギボウシ、ウマノスズクサ、ツルニガクサ、ノダケ、カノツメソウ、ミズタマソウ、キツリフネ、ジュズダマ、ガマ、アキカラマツ、タマアジサイ、ヘクソカズラ、ミツバ、ミソハギ、キツネノカミソリ、カノツメソウなど。

ミズタマソウ(アカバナ科)
%e3%83%9f%e3%82%ba%e3%82%bf%e3%83%9e%e3%82%bd%e3%82%a6  ミソハギ(ミソハギ科)
%e3%83%9f%e3%82%bd%e3%83%8f%e3%82%ae
2018年7月24日撮影

お知らせ | 更新日:2018.07.24

公園ボランティアガイドをご利用下さい。

毎週土曜日の午後1時から、ボランティアガイドが四季の森公園の植物を中心に四季折々の見どころをご案内いたします。(原則毎土曜日ですが、他のイベントが入ることがあります。月末に次月の予定をHPでお知らせしますのでご確認ください)
ガイド時間は約1時間、参加費は無料です。雨天は中止といたします。当日の開催の有無については公園管理事務所(045―931-7910)にお問い合わせ下さい。

2018年7月は28日、8月は4日、11日、18日、25日の各土曜日に開催します。
異常に暑い日が続いています。ガイドへは体調を最優先のうえ御参加下さいますようお願いいたします。

011 2018年7月21日実施

≪お問い合わせ≫
県立四季の森公園
指定管理者 四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail info-shikinomori@kanagawaparks.com

お知らせ | 更新日:2018.07.21

『ヤマユリ観察会』を開催しました。

公園を代表する花であり、神奈川県の花でもあるヤマユリの観察会を開催しました。聴覚がご不自由な方にも楽しんで頂けるように手話通訳者の方が同行する観察会でした。今回、聴覚がご不自由な方は2名でしたので直ぐ脇でじっくりと解説をすることができました。ヤマユリの特徴や、日本のユリがかつて横浜から欧州に輸出され園芸種の交配親になった歴史など興味深い話を聞き、参加された皆さんも熱心にメモをとっていました。お暑い中、57名と多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。

s-dscn1026 s-dscn1016 2018年7月16日実施
 
手話通訳者が同行する企画にたいしましての「ご意見、ご要望」を公園管理事務所にお寄せください。
今後の参考とさせていただきます。

≪お問い合せ≫
県立四季の森公園
指定管理者 四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail info-shikinomori@kanagawaparks.com

開催したイベントの報告 | 更新日:2018.07.19

『園内一斉清掃』を実施しました。

毎月第3日曜日に開催している地域のボランティア活動『園内一斉清掃』を実施しました。これは、午前9時に売店前(公園南口)にお集り頂き、公園北口広場に向かってパトロールとゴミ拾いをする活動です。

s-dscn1000 s-dscn1005 2018年7月15日実施

当園利用時のお願いに『ゴミは各自でお持ち帰りください』の項目があります。公園の美しさを保つには『ゴミを持ち込まない。ポイ捨てをしない。ゴミを持ち帰る』事が不可欠です。引き続きご協力をお願いいたします。

次回は8月19日の日曜日です。

≪お問い合せ≫
県立四季の森公園
指定管理者 四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail info-shikinomori@kanagawaparks.com

開催したイベントの報告 | 更新日:2018.07.16

『鳴く虫を勉強しよう』を開催しました。

里山アカデミーの「まなぶ」をテーマに、日本鳴く虫保存会神奈川支部と共催で「鳴く虫を勉強しよう」を開催しました。昆虫の模型と生体を用いて体の構造やどうやって鳴くのかを説明しました。プロジェクタを使ってスズムシ、キリギリス、カンタンなどの画像と鳴き声を紹介し、その違いを体感して頂きました。また参加者にクツワムシに触れる体験をして頂きました。クツワムシは体が大きく大人しい性質なので初めて触れ合う虫として最適とのこと。最後に参加者にスズムシを配付し、飼育方法の解説をしました。

s-dscf6813 s-dscf6815 s-dscf6835 dscf6808
2018年7月14日実施

次回、『鳴く虫を勉強しようPart2』は8月11日の土曜日です。1回目にご参加された方も引き続きPart2にぜひご参加ください。

≪お問い合せ≫
県立四季の森公園
指定管理者 四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail info-shikinomori@kanagawaparks.com

開催したイベントの報告 | 更新日:2018.07.16

2018年7月14日の植物・生き物情報です。

ヤマユリの開花は終盤に入っています。
【開花中の植物】ヤマユリ、アキノタムラソウ、ヘメロカリス、ヤブカンゾウ、オオガハス、イヌゴマ、ヒヨドリバナ、フジカンゾウ、ユウガギク、トキリマメ、ノササゲ、オオバギボウシ、ウマノスズクサ、ツルニガクサ、ノダケ、カノツメソウ、ミズタマソウ、キツリフネ、ジュズダマ、ガマ、オニスゲ、アキカラマツ、タマアジサイ、ヘクソカズラ、ミツバなど。

オオガハス(ハス科)
s-%e3%82%aa%e3%82%aa%e3%82%ac%e3%83%8f%e3%82%b9
ジュズダマ(イネ科)
s-%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%ba%e3%83%80%e3%83%9e
アカボシゴマダラ(タテハチョウ科)要注意外来生物
s-%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%82%b7%e3%82%b4%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a9
2018年7月14日撮影

お知らせ | 更新日:2018.07.14

『草笛で曲を吹こう』を開催しました。

里山アカデミーの「まなぶ」をテーマにした「草笛で曲を吹こう」を開催しました。まず「ブブブ」という音だし、高い音・高低差をつけて「ピポピポ」、「ホーホケキョ」、締めに「ドレミの歌」を全員でウォムアップとして練習。次に「海」「涙そうそう」を合唱した後、草笛で合奏しました。また、各自練習成果披露で「太陽がいっぱい」「芭蕉布」「もしも明日が」「蛙の笛」「母さんの歌」「赤い靴」などを、講師は「糸」を披露しました。習熟者の教室らしい内容となりました。

s-dscf6712x s-dscf6705
2018年7月12日実施

次回の『草笛で曲を吹こう』は8月16日の木曜日です。

≪お問い合せ≫
県立四季の森公園
指定管理者 四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail info-shikinomori@kanagawaparks.com

開催したイベントの報告 | 更新日:2018.07.13

『自然観察会』を開催しました。

NPO法人四季の森里山研究会が講師を務める観察会を開催しました。今回のテーマは『森林浴で身も心もスッキリ』と題しまして、森林浴の効果など基本的な説明と実際に針葉樹林で腹式の深呼吸したり炭焼き小屋前の草地で寝そべって風の音や鳥の鳴き声を聞くなど森林を体感しました。道中ではドクダミ、オオバコ、ヤマユリなど野草の薬としての効能の説明などもありました。お暑い中たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。

s-dscn0952 s-dscn0948 2018年7月8日実施

次回、8月12日の日曜日のテーマは『真夏に見られる動植物』です。


≪お問い合せ≫
県立四季の森公園
指定管理者 四季の森公園パートナーズ
電話番号:045-931-7910
ファックス:045-935-0911
e-mail info-shikinomori@kanagawaparks.com

開催したイベントの報告 | 更新日:2018.07.13

2018年7月10日の植物情報です。

ヤマユリが沢山咲きだしました。

【開花中の植物】ヤマユリ、ネムノキ、アキノタムラソウ、ヘメロカリス、ヤブカンゾウ、ビヨウヤナギ、ノウゼンカズラ、イヌゴマ、チダケサシ、ヒヨドリバナ、アガパンサス、アフリカハマユウ、ヌスビトハギ、フシカンゾウ、ユウガギク、トキリマメ、ノササゲ、オオバギボウシ、ウマノスズクサなど。

ヤマユリ(ユリ科)
s-043
ユウガギク(キク科)
s-025
2018年7月10日撮影

お知らせ | 更新日:2018.07.10
ページの先頭へ戻る