ミツマタと野鳥

芝生広場のミツマタの花が、開きはじめました。
花がないこの時期には、文字どおり枝が三つ又に分かれているので見つけやすいです。




花の広場で野鳥たちの姿を目にしたスタッフが写真を撮ってきてくれました。
葉が落ちたこの時期は、見つけやすいです。

モズは、秋から春にかけて見かけ、するどいくちばしを持っています。


コゲラは、日本で一番小さなキツツキです。
背はこげ茶色に白い点模様があり、鳴き声は「ギイー」というように聞こえます。
木を叩いて小さな虫を食べます。


アオゲラの顔には、赤い斑があり、頭が大きく赤いのが雄です。
とがったくちばしで、木を掘り虫を食べます。

公園からのお知らせ | 更新日:2014.02.25
ページの先頭へ戻る