草笛コンサートを開催しました

公園をフィールドに「見る、食べる、遊ぶ」に趣きを置き、野外ステージで「草笛コンサート」を開催しました。 このコンサートは、「草笛で曲を吹こう」の参加者がこれまでの練習の成果を披露するもので、「ドレミの歌」、「四季の歌」、「もみじ」、「赤とんぼ」、「手のひらを太陽に」等を全員で合奏し、その他参加者各々が好きな曲を披露しました。遠足で来園していた小学生や遊びに来ていた保育園児がいたため、子どもたち向けに草笛教室も開催しました。

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.11.21

“草笛で曲を吹こう”を開催しました

里山を感じながら「見る、食べる、遊ぶ」の内、遊ぶに視点を置いた「草笛で曲を吹く」練習をしました。今回は、この後に野外ステージにてこれまでの練習成果を披露する「草笛コンサート」を行うことになっていることから、そこで合奏する「ドレミの歌」、「四季の歌」、「もみじ」、「赤とんぼ」、「手のひらを太陽に」の練習に重点を置き、個人が披露する曲については、各人が練習しました。

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.11.21

自然観察会を開催しました

四季の森公園で里山管理を行っているNPO法人四季の森里山研究会(里研)による自然観察会を開催しました。今回のテーマは「色づく里山」!テーマに添って園内をたくさん歩きました。 準備した定点撮影の写真で季節と風景の移り変わりを確認し、紅(黄)葉の仕組みについて解説していただきました。 この季節は園路上にカツラの葉が黄色いジュウタンのように敷きつめられ、辺り一面に甘い香りが漂っていました。パノラマ ビューを展望台から望み、ワークセンターでは秋の収穫で使用した農機具を見学しました。

出発:北口広場⇒到着:ワークセンター (ルートマップ)blog_20131110-222

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.11.15

“ワンちゃん”のしつけ方教室を開催しました

ご家族と“ワンちゃん”が楽しく一緒に暮らす為のポイントを、JKC公認訓練士がお教えします。
11月10日、野外ステージ脇広場にて、 “ワンちゃん”のしつけ方教室 を開催しました。
六月に計画した同教室は、あいにくの天候で開催出来ませんでしたが、その分、今回の開催
を待ち望む声が聞こえておりました。 空模様が気になりましたが、今回は無事に開催するこ
とができました。


開催したイベントの報告 | 更新日:2013.11.15

11月9日「四季の森公園スマイリングフェア 防災フェア」を開催しました

地域の方々とともに防災について学ぶ、『四季の森公園スマイリングフェア 防災フェア』を開催しました。
横浜市緑区の防災に関する取組みの紹介、水消火器体験、消防団の役割の紹介、災害時のアマチュア無線団体の活動内容の紹介、防災用品・非常食の展示、災害時のトイレを考え体験するコーナー、制震金物の展示、古代式火おこし体験、すいとん無料配布などを行いました。

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.11.12

11月7日「はじめての草笛教室」を開催しました

この日は、ジシバリ、トキワツユクサ、ヒサカキの葉を使って、草笛で音を出す練習を行ないました。 使用する葉の選び方、葉の持ち方、唇の形、息の出し方などについて説明を受けて練習をしました。 「最初は、柔らかい葉の方が音を出しやすい」、「毎日吹くことが上達の近道」などのお話が、講師よりありました。

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.11.11

11月3日『だれかさんのにがおえプレゼント』を開催しました

今回もご家族さまに参加いただき、出来上がった似顔絵に大満足の笑みを頂戴しました。

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.11.11

「土器づくり教室」を開催しました

横浜市内で出土した縄文時代の土器や土偶などを手本にして、10月5日に土器づくりの会の会員等による指導のもとで制作。 
おおよそ一ヶ月間、常温で乾燥させ、11月2日に園内の炭焼き場を利用し野焼きをしました。 
10月5日土偶、土器の製作、11月2日野焼き

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.11.11

10月27日「健康体操」を開催しました

『日常生活を快適に暮らせると心も元気に!』を合言葉にして、肩こり、腰痛、ひざの痛みを和らげるバランスのとれた筋力を保つための健康体操をインストラクターの指導のもとで行ないました。

次回は11月24日(日)に開催の予定です。

開催したイベントの報告 | 更新日:2013.10.28

10月27日「自然を訪ねて」を開催しました

全国森林インストラクター神奈川会のメンバーが講師となる「自然を訪ねて」を開催しました。 今回のテーマは「木の実・草の実」。秋にはたくさんの実を付け、水や風の力を利用したり、鳥や虫に便乗して実を遠くに運びます。植物たちの様々な種子散布を探ってみました。
種子散布の種類
1自動散布・・・ツリフネソウのように草の実が自力で弾ける
2風散布・・・・アキニレのように木の実が風に乗って遠くに運んでもらう
3水散布・・・・ジュズダマのように草の実が川などの水の流れを利用する
4動物散布・・・サンシュユのように木の実が鳥や動物に食べられて運ぶ、他に付着して運ばれるものもある


開催したイベントの報告 | 更新日:2013.10.28
ページの先頭へ戻る